コラーゲン サプリランキング

MENU

コラーゲン摂取による効果の嘘本当!

コラーゲンを食べて効果があるのは嘘だという意見を見かけます。

 

なぜこのように言われているのか、実際にどうなのか。
気になる人も少なくないのではないでしょうか。

 

調べてみるといくつかのことが分かりました。

 

 

摂取するとそのまま体内でコラーゲンとしての効果がある、
このようなことは、残念ながら嘘だと言えます。

 

経口摂取で取り入れられたものは、体内でアミノ酸へと分解され
吸収され、それが新たなタンパク質として使われます。

 

これが身体のどこに使われるかは分からないので、
摂取したものが全てコラーゲンとして働くという効果は嘘です。

 

 

それでは摂取しても無駄なのかと思ってしまいますが、
そうではないことが最近の研究で分かってきています。

 

ヒドロキシプロリンというアミノ酸がポイントです。

 

体内で分解されたものの内、一部はいくつかのアミノ酸から成る
ペプチドの形で吸収されます。その1つがヒドロキシプロリンです。

 

経口摂取すると血中のヒトロキシプロリン量が増加します。

 

このペプチドが、繊維芽細胞というコラーゲンを作る細胞に
働きける効果が確認されました。

 

体内での合成促進に働いていることが分かり
経口摂取が無駄というのは嘘だと言えるようになりました。

 

 

摂取したコラーゲンが体内で合成する材料になる効果は嘘だと
分かりましたが、きちんと体内で働いてくれるのは事実です。

 

これでサプリなどが意味の無いものだとは言えないですね。

コラーゲンの含有量が多い食品は?

コラーゲンの含有量が多い食品はどんなものがあるでしょうか。

 

身体に欠かせないものなので、毎日の食事の中にもコラーゲンの
含有量が多い食品を上手く取り入れたいですよね。

 

ここでは代表的なものを紹介していきたいと思います。

 

 

肉系で言うと牛すね肉、牛すじ肉、牛テール。
主に軟骨で出来ている豚耳、靭帯や腱から成る豚足。
牛や豚の消化器系にも多く含まれています。

 

コラーゲン含有量が多い食品としては鶏軟骨や鶏手羽先、
鶏ももの皮も代表格ですね。

 

魚系なら1番先に思い浮かべるのはフカひれでしょうか。

 

鰻や鮭、カレイ、ふぐ、アンコウ、ちりめんじゃこにも
多く含まれています。

 

魚の皮と身の間に多く含まれていることが多いので、
骨から皮まで無駄なく取れる缶詰にも多く含まれていて、
加工の段階でゼラチン化しているので摂取しやすくなっています。

 

また、ちりめんじゃこも魚を丸ごと食べられるので
効率良く摂取出来るものの1つです。

 

 

どのような食品がコラーゲン含有量が高いかというと、
皮や骨、すじ、腱といったものになります。

 

さらに食事で取り入れるなら、加熱調理してゼラチン化したものが
構造が細かくなっていて身体に吸収しやすいと言えます。

 

水に溶けるので煮物にした場合は煮汁まで飲んで下さい。

 

 

因みに1日の摂取目安量は5〜10g程度ですが、5gを摂るとなると、

 

鮭=約2.5切れ
鶏軟骨=約125g
手羽先=約4本
牛すじ=約16g
鰻=約14g
フカヒレ=約7g
ちりめんじゃこ=約22g

 

といった量を食べることになります。

 

手間や値段、カロリー等を考えると、ちりめんじゃこや
手羽先辺りが取り入れやすいような気がします。

 

参考になれば幸いです。