コラーゲン サプリランキング

MENU

コラーゲンサプリで子宮筋腫が大きくなる?

コラーゲンをサプリで摂取するのは子宮筋腫の人にとっては
避けなくてはいけないことを知っていますか?

 

 

子宮に出来る良性の腫瘍で、30歳以上の女性の4人に1人の割合で
持っているとも言われる女性特有の病気です。

 

実際は無症状で自覚の無い人もいるようです。

 

ガンとは違い他に転移したり直接命に関わる病気ではないので
必ずしも摘出することは無く、薬物療法で様子をみたりもします。

 

命に良性腫瘍で命に関わるものでは無いといっても、
当然身体への悪影響はあります。

 

症状として過多月経や月経痛の悪化、月経血の増加など
月経に変化が現れることが多いです。

 

他にも腫瘍が周りの臓器を圧迫することで頻尿や便秘になったり、
腰痛の原因になったりします。

 

また不妊にも影響があるとも言われています。

 

 

なぜこの子宮筋腫にコラーゲンサプリが良くないのでしょうか。

 

それは腫瘍を育てる餌になってしまうからです。

 

腫瘍は子宮の平滑筋とコラーゲンによってなるもので、
サプリで摂ることで子宮筋腫を大きくしてしまうことになります。

 

 

美容や身体に良いとされるコラーゲンですが、
子宮筋腫がある人はサプリで摂取することは避けて下さいね。

 

以前に治療した人も、子宮全摘出以外は再発のリスクを高めるので
避けた方が安心ですよ。

コラーゲンサプリは授乳中でも飲めるけど、注意が必要?

授乳中というのは赤ちゃんへの影響があるのでコラーゲンサプリを
摂取しても問題ないだろうかと心配する人もいると思います。

 

コラーゲン自体は授乳中に悪いものでは無いですが、
サプリの中には飲んでは駄目なものもあります。

 

サプリにはコラーゲン以外に授乳中に良くないものが
含まれている場合もあるので、まずはしっかりと調べて下さい。

 

 

その中で特に注意が必要なのが「大豆イソフラボン」です。
美容に良い成分なので一緒に配合されていることがあります。

 

なぜ良くないのかというと、動物実験においては
大豆イソフラボンの過剰摂取が胎児や新生児の生殖器官に
悪影響が出ることが分かっているからです。

 

人間への影響はハッキリしていませんが、妊婦や乳幼児、小児が
通常の食事以外で必要以上の大豆イソフラボンを摂ることは
勧められていないので、リスクがあるなら避けるのが無難です。

 

なので、コラーゲン以外に大豆イソフラボン配合のサプリには
妊娠中・授乳中は摂取しないようにと注意書きが見られます。

 

 

他に薬を飲んでいる場合は、飲み合わせに問題がないか
医師に相談してみると安心です。

 

自分以外に赤ちゃんへのリスクもある授乳中に
コラーゲンサプリを飲む場合、きちんと安全を確認して下さいね。

コラーゲンサプリで子宮筋腫が大きくなる?関連ページ

コラーゲンサプリで身長が伸びる?
コラーゲンサプリの人気ランキングをご紹介しています。口コミで効果がある人気ベスト5のコラーゲンサプリをランキングで徹底比較!購入者の口コミ体験レポートやお得な通販情報も満載です。コラーゲンサプリに興味がある方はぜひご覧ください。
コラーゲンサプリの選び方
コラーゲンサプリの人気ランキングをご紹介しています。口コミで効果がある人気ベスト5のコラーゲンサプリをランキングで徹底比較!購入者の口コミ体験レポートやお得な通販情報も満載です。コラーゲンサプリに興味がある方はぜひご覧ください。
コラーゲンサプリでニキビが出来る?
コラーゲンサプリの人気ランキングをご紹介しています。口コミで効果がある人気ベスト5のコラーゲンサプリをランキングで徹底比較!購入者の口コミ体験レポートやお得な通販情報も満載です。コラーゲンサプリに興味がある方はぜひご覧ください。